ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の世界市場2024年

ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の世界市場に関する調査報告書(HNLPC-17679)・英文タイトル:Global Positive Photosensitive Polyimide (p-PSPI) Market 2024
・資料コード:HNLPC-17679
・発行年月:2024年05月
・納品形態:英文PDF
・納品方法:Eメール(注文後2日~3日)
・産業分類:化学&材料
・ライセンス種類
1名閲覧ライセンスお問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
企業閲覧ライセンスお問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
※下記に記載されている内容(レポート概要、目次、年度、セグメント分類、企業名など)は最新情報ではない可能性がありますので、最新情報はご購入の前にサンプルでご確認ください。

ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の世界市場レポート(Global Positive Photosensitive Polyimide (p-PSPI) Market)では、セグメント別市場規模、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。

最新の調査によると、ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の世界市場規模は、2023年のxxx百万ドルから2024年にはxxx百万ドルとなり、2023年から2024年の間にxx%の変化があると推定されています。ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の世界市場規模は、今後5年間でxx%の年率で成長すると予測されています。

地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、アジア太平洋、日本、中国、インド、韓国、東南アジア、南米、中東、アフリカなどを対象にして、ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の市場規模を算出しました。

ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場は、種類別には、高温硬化型、高温硬化型に、用途別には、ディスプレイパネル、電子パッケージング、プリント基板に区分してグローバルと主要地域における2019年~2029年の市場規模を調査・予測しました。

当レポートに含まれる主要企業は、Toray、HD Microsystems、Kumho Petrochemical、…などがあり、各企業のポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)販売量、売上、価格、市場シェアなどを分析しました。

【目次】

ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場の概要(Global Positive Photosensitive Polyimide (p-PSPI) Market)

主要企業の動向
– Toray社の企業概要・製品概要
– Toray社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Toray社の事業動向
– HD Microsystems社の企業概要・製品概要
– HD Microsystems社の販売量・売上・価格・市場シェア
– HD Microsystems社の事業動向
– Kumho Petrochemical社の企業概要・製品概要
– Kumho Petrochemical社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Kumho Petrochemical社の事業動向


企業別売上及び市場シェア(~2024年)

ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の世界市場(2019年~2029年)
– 種類別区分:高温硬化型、高温硬化型
– 種類別市場規模(販売量・売上・価格)
– 用途別区分:ディスプレイパネル、電子パッケージング、プリント基板
– 用途別市場規模(販売量・売上・価格)

ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の地域別市場分析

ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の北米市場(2019年~2029年)
– ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の北米市場:種類別
– ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の北米市場:用途別
– ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)のアメリカ市場規模
– ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)のカナダ市場規模
– ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)のメキシコ市場規模

ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)のヨーロッパ市場(2019年~2029年)
– ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)のヨーロッパ市場:種類別
– ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)のヨーロッパ市場:用途別
– ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)のドイツ市場規模
– ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)のイギリス市場規模
– ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)のフランス市場規模

ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)のアジア市場(2019年~2029年)
– ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)のアジア市場:種類別
– ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)のアジア市場:用途別
– ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の日本市場規模
– ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の中国市場規模
– ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)のインド市場規模
– ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の東南アジア市場規模

ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の南米市場(2019年~2029年)
– ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の南米市場:種類別
– ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の南米市場:用途別

ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の中東・アフリカ市場(2019年~2029年)
– ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の中東・アフリカ市場:種類別
– ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の中東・アフリカ市場:用途別

ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の販売チャネル分析

調査の結論

※弊社ではポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)を対象に特定の地域に絞ったカスタムレポートも販売しています。各地域限定のレポートは世界市場レポートより値段が高いです。本サイトに表示されていますが、販売終了したレポートもあります。

【アジア太平洋のポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場レポート(資料コード:HNLPC-17679-AP)】

本調査資料はアジア太平洋のポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場規模、市場予測、市場シェア、企業情報などを掲載しています。アジア太平洋地域における種類別(高温硬化型、高温硬化型)市場規模と用途別(ディスプレイパネル、電子パッケージング、プリント基板)市場規模、主要国別(日本、中国、韓国、インド、オーストラリア、東南アジアなど)市場規模データも含まれています。ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)のアジア太平洋市場レポートは2024年英語版で、一部カスタマイズも可能です。

・アジア太平洋のポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場概要
・アジア太平洋のポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場動向
・アジア太平洋のポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場規模
・アジア太平洋のポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場予測
・ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の種類別市場分析
・ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の用途別市場分析
・主要国別市場規模(日本、中国、韓国、インド、オーストラリア、東南アジアなど)
・ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の主要企業分析(企業情報、売上、市場シェアなど)

【東南アジアのポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場レポート(資料コード:HNLPC-17679-SA)】

本調査資料は東南アジアのポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場規模、市場予測、市場シェア、企業情報などを掲載しています。東南アジア地域における種類別(高温硬化型、高温硬化型)市場規模と用途別(ディスプレイパネル、電子パッケージング、プリント基板)市場規模、主要国別(インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイなど)市場規模データも含まれています。ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の東南アジア市場レポートは2024年英語版で、一部カスタマイズも可能です。

・東南アジアのポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場概要
・東南アジアのポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場動向
・東南アジアのポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場規模
・東南アジアのポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場予測
・ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の種類別市場分析
・ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の用途別市場分析
・主要国別市場規模(インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイなど)
・ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の主要企業分析(企業情報、売上、市場シェアなど)

【ヨーロッパのポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場レポート(資料コード:HNLPC-17679-EU)】

本調査資料はヨーロッパのポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場規模、市場予測、市場シェア、企業情報などを掲載しています。ヨーロッパ地域における種類別(高温硬化型、高温硬化型)市場規模と用途別(ディスプレイパネル、電子パッケージング、プリント基板)市場規模、主要国別(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど)市場規模データも含まれています。ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)のヨーロッパ市場レポートは2024年英語版で、一部カスタマイズも可能です。

・ヨーロッパのポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場概要
・ヨーロッパのポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場動向
・ヨーロッパのポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場規模
・ヨーロッパのポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場予測
・ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の種類別市場分析
・ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の用途別市場分析
・主要国別市場規模:ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど
・ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の主要企業分析(企業情報、売上、市場シェアなど)

【アメリカのポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場レポート(資料コード:HNLPC-17679-US)】

本調査資料はアメリカのポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場規模、市場予測、市場シェア、企業情報などを掲載しています。アメリカにおける種類別(高温硬化型、高温硬化型)市場規模と用途別(ディスプレイパネル、電子パッケージング、プリント基板)市場規模データも含まれています。ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)のアメリカ市場レポートは2024年英語版で、一部カスタマイズも可能です。

・アメリカのポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場概要
・アメリカのポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場動向
・アメリカのポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場規模
・アメリカのポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場予測
・ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の種類別市場分析
・ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の用途別市場分析
・ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の主要企業分析(企業情報、売上、市場シェアなど)

【中国のポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場レポート(資料コード:HNLPC-17679-CN)】

本調査資料は中国のポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場規模、市場予測、市場シェア、企業情報などを掲載しています。中国における種類別(高温硬化型、高温硬化型)市場規模と用途別(ディスプレイパネル、電子パッケージング、プリント基板)市場規模データも含まれています。ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の中国市場レポートは2024年英語版で、一部カスタマイズも可能です。

・中国のポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場概要
・中国のポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場動向
・中国のポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場規模
・中国のポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場予測
・ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の種類別市場分析
・ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の用途別市場分析
・ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の主要企業分析(企業情報、売上、市場シェアなど)

【インドのポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場レポート(資料コード:HNLPC-17679-IN)】

本調査資料はインドのポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場規模、市場予測、市場シェア、企業情報などを掲載しています。インドにおける種類別(高温硬化型、高温硬化型)市場規模と用途別(ディスプレイパネル、電子パッケージング、プリント基板)市場規模データも含まれています。ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)のインド市場レポートは2024年英語版で、一部カスタマイズも可能です。

・インドのポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場概要
・インドのポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場動向
・インドのポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場規模
・インドのポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)市場予測
・ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の種類別市場分析
・ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の用途別市場分析
・ポジ型感光性ポリイミド(p-PSPI)の主要企業分析(企業情報、売上、市場シェアなど)

▣ おすすめのレポート ▣

  • 世界のヒンジスチールベルトチップコンベア市場
    当資料(Global Hinged Steel Belt Chip Conveyor Market)は世界のヒンジスチールベルトチップコンベア市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のヒンジスチールベルトチップコンベア市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:傾斜角30°、傾斜角40°、傾斜角60°;用途別:工作機械切りくず除去、パーツハン …
  • 1,4-ベンゼンジアミンの世界市場
    1,4-ベンゼンジアミンの世界市場レポート(Global 1,4-Benzenediamine Market)では、セグメント別市場規模(種類別:0.98、0.99、その他;用途別:高分子、染料、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、 …
  • チタン酸リチウム(LTO)ナノパウダーの世界市場
    チタン酸リチウム(LTO)ナノパウダーの世界市場レポート(Global Lithium Titanate (LTO) Nanopowder Market)では、セグメント別市場規模(種類別:一般的チタン酸リチウム、カーボンコートチタン酸リチウム;用途別:自動車用電池、蓄電池、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いま …
  • 世界のアフターマーケット車両テレマティクス市場
    当資料(Global Aftermarket Vehicle Telematics Market)は世界のアフターマーケット車両テレマティクス市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のアフターマーケット車両テレマティクス市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:盗難車追跡、ロードサービス、車両診断、その他;用途別:乗用車、商用車)、主要地域 …
  • 世界のベータセラミック市場
    当資料(Global Beta Ceramic Market)は世界のベータセラミック市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のベータセラミック市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:0.050"、0.070"、0.090";用途別:航空宇宙、自動車、電子産業、船舶)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。当資料 …
  • プログラマブルLEDドライバーの世界市場
    プログラマブルLEDドライバーの世界市場レポート(Global Programmable LED Drivers Market)では、セグメント別市場規模(種類別:10-30W LEDドライバー、30-50W LEDドライバー、50-90W LEDドライバー;用途別:オフィス照明、店舗・小売照明、ホテル装飾照明、産業用照明、屋外照明)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェ …
  • 世界のエトキシル化アルキル硫酸アンモニウム市場
    当資料(Global Ethoxylated Alkyl Ammonium Sulfate Market)は世界のエトキシル化アルキル硫酸アンモニウム市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のエトキシル化アルキル硫酸アンモニウム市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:ペースト状エトキシル化アルキル硫酸アンモニウム、液状エトキシル化アルキル …
  • 世界の不燃被覆材市場
    当資料(Global Non-combustible Cladding Market)は世界の不燃被覆材市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の不燃被覆材市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:アルミ不燃被覆、スチール不燃被覆、レンガ不燃被覆、繊維セメント不燃被覆;用途別:家庭用、商業)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を …
  • ウェアラブルジェットパックの世界市場
    ウェアラブルジェットパックの世界市場レポート(Global Wearable Jetpack Market)では、セグメント別市場規模(種類別:過酸化水素駆動、燃料駆動;用途別:軍事、商業、娯楽、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、 …
  • 世界の腫瘍用臨床画像ソリューション市場
    当資料(Global Oncology Clinical Imaging Solutions Market)は世界の腫瘍用臨床画像ソリューション市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の腫瘍用臨床画像ソリューション市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:インハウス式、セントラル式;用途別:製薬会社、研究機関、その他)、主要地域別市場規模、 …