世界の建設業用相変化材料市場2024年

建設業用相変化材料の世界市場に関する調査報告書(HNLPC-49463)・英文タイトル:Global Phase Change Materials for Construction Industry Market 2024
・資料コード:HNLPC-49463
・発行年月:2024年03月
・納品形態:英文PDF
・納品方法:Eメール(注文後2日~3日)
・産業分類:化学&材料
・ライセンス種類
1名閲覧ライセンスお問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
企業閲覧ライセンスお問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
※下記に記載されている内容(レポート概要、目次、年度、セグメント分類、企業名など)は最新情報ではない可能性がありますので、最新情報はご購入の前にサンプルでご確認ください。

当資料(Global Phase Change Materials for Construction Industry Market)は世界の建設業用相変化材料市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の建設業用相変化材料市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。

最新調査によると、世界の建設業用相変化材料市場規模は2023年のxxx百万ドルから2024年にはxxx百万ドルになると推定され、今後5年間の年平均成長率はxx%と予想されます。

建設業用相変化材料市場の種類別(By Type)のセグメントは、有機相変化材料、無機相変化材料、バイオ系相変化材料をカバーしており、用途別(By Application)のセグメントは、産業用、商業用、家庭用をカバーしています。地域別セグメントは、北米、米国、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、アジア太平洋、日本、中国、インド、韓国、東南アジア、南米、中東、アフリカなどに区分して、建設業用相変化材料の市場規模を調査しました。

当資料に含まれる主要企業は、Henkel、Honeywell、Croda International、…などがあり、各企業の建設業用相変化材料販売状況、製品・事業概要、市場シェアなどを掲載しています。

【目次】

世界の建設業用相変化材料市場概要(Global Phase Change Materials for Construction Industry Market)

主要企業の動向
– Henkel社の企業概要・製品概要
– Henkel社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Henkel社の事業動向
– Honeywell社の企業概要・製品概要
– Honeywell社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Honeywell社の事業動向
– Croda International社の企業概要・製品概要
– Croda International社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Croda International社の事業動向


企業別売上及び市場シェア(~2024年)

世界の建設業用相変化材料市場(2019年~2029年)
– 種類別セグメント:有機相変化材料、無機相変化材料、バイオ系相変化材料
– 種類別市場規模(販売量・売上・価格)
– 用途別セグメント:産業用、商業用、家庭用
– 用途別市場規模(販売量・売上・価格)

主要地域における建設業用相変化材料市場規模

北米の建設業用相変化材料市場(2019年~2029年)
– 北米の建設業用相変化材料市場:種類別
– 北米の建設業用相変化材料市場:用途別
– 米国の建設業用相変化材料市場規模
– カナダの建設業用相変化材料市場規模
– メキシコの建設業用相変化材料市場規模

ヨーロッパの建設業用相変化材料市場(2019年~2029年)
– ヨーロッパの建設業用相変化材料市場:種類別
– ヨーロッパの建設業用相変化材料市場:用途別
– ドイツの建設業用相変化材料市場規模
– イギリスの建設業用相変化材料市場規模
– フランスの建設業用相変化材料市場規模

アジア太平洋の建設業用相変化材料市場(2019年~2029年)
– アジア太平洋の建設業用相変化材料市場:種類別
– アジア太平洋の建設業用相変化材料市場:用途別
– 日本の建設業用相変化材料市場規模
– 中国の建設業用相変化材料市場規模
– インドの建設業用相変化材料市場規模
– 東南アジアの建設業用相変化材料市場規模

南米の建設業用相変化材料市場(2019年~2029年)
– 南米の建設業用相変化材料市場:種類別
– 南米の建設業用相変化材料市場:用途別

中東・アフリカの建設業用相変化材料市場(2019年~2029年)
– 中東・アフリカの建設業用相変化材料市場:種類別
– 中東・アフリカの建設業用相変化材料市場:用途別

建設業用相変化材料の流通チャネル分析

調査の結論

※弊社では建設業用相変化材料を対象に特定の地域に絞ったカスタムレポートも販売しています。本サイトに表示されていますが、販売終了したレポートもあります。各地域限定のレポートは世界市場レポートより値段が高いです。

【建設業用相変化材料のアジア太平洋市場レポート(資料コード:HNLPC-49463-AP)】

本調査資料はアジア太平洋の建設業用相変化材料市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場規模、市場予測、市場シェア、企業情報などを掲載しています。アジア太平洋地域における種類別(有機相変化材料、無機相変化材料、バイオ系相変化材料)市場規模と用途別(産業用、商業用、家庭用)市場規模、主要国別(日本、中国、韓国、インド、オーストラリア、東南アジアなど)市場規模データも含まれています。建設業用相変化材料のアジア太平洋市場レポートは2024年英語版で、一部カスタマイズも可能です。

・建設業用相変化材料のアジア太平洋市場概要
・建設業用相変化材料のアジア太平洋市場動向
・建設業用相変化材料のアジア太平洋市場規模
・建設業用相変化材料のアジア太平洋市場予測
・建設業用相変化材料の種類別市場分析
・建設業用相変化材料の用途別市場分析
・主要国別市場規模(日本、中国、韓国、インド、オーストラリア、東南アジアなど)
・建設業用相変化材料の主要企業分析(企業情報、売上、市場シェアなど)

【建設業用相変化材料の東南アジア市場レポート(資料コード:HNLPC-49463-SA)】

本調査資料は東南アジアの建設業用相変化材料市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場規模、市場予測、市場シェア、企業情報などを掲載しています。東南アジア地域における種類別(有機相変化材料、無機相変化材料、バイオ系相変化材料)市場規模と用途別(産業用、商業用、家庭用)市場規模、主要国別(インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイなど)市場規模データも含まれています。建設業用相変化材料の東南アジア市場レポートは2024年英語版で、一部カスタマイズも可能です。

・建設業用相変化材料の東南アジア市場概要
・建設業用相変化材料の東南アジア市場動向
・建設業用相変化材料の東南アジア市場規模
・建設業用相変化材料の東南アジア市場予測
・建設業用相変化材料の種類別市場分析
・建設業用相変化材料の用途別市場分析
・主要国別市場規模(インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイなど)
・建設業用相変化材料の主要企業分析(企業情報、売上、市場シェアなど)

【建設業用相変化材料のヨーロッパ市場レポート(資料コード:HNLPC-49463-EU)】

本調査資料はヨーロッパの建設業用相変化材料市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場規模、市場予測、市場シェア、企業情報などを掲載しています。ヨーロッパ地域における種類別(有機相変化材料、無機相変化材料、バイオ系相変化材料)市場規模と用途別(産業用、商業用、家庭用)市場規模、主要国別(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど)市場規模データも含まれています。建設業用相変化材料のヨーロッパ市場レポートは2024年英語版で、一部カスタマイズも可能です。

・建設業用相変化材料のヨーロッパ市場概要
・建設業用相変化材料のヨーロッパ市場動向
・建設業用相変化材料のヨーロッパ市場規模
・建設業用相変化材料のヨーロッパ市場予測
・建設業用相変化材料の種類別市場分析
・建設業用相変化材料の用途別市場分析
・主要国別市場規模:ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど
・建設業用相変化材料の主要企業分析(企業情報、売上、市場シェアなど)

【建設業用相変化材料のアメリカ市場レポート(資料コード:HNLPC-49463-US)】

本調査資料は米国の建設業用相変化材料市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場規模、市場予測、市場シェア、企業情報などを掲載しています。米国における種類別(有機相変化材料、無機相変化材料、バイオ系相変化材料)市場規模と用途別(産業用、商業用、家庭用)市場規模データも含まれています。建設業用相変化材料の米国市場レポートは2024年英語版で、一部カスタマイズも可能です。

・建設業用相変化材料の米国市場概要
・建設業用相変化材料の米国市場動向
・建設業用相変化材料の米国市場規模
・建設業用相変化材料の米国市場予測
・建設業用相変化材料の種類別市場分析
・建設業用相変化材料の用途別市場分析
・建設業用相変化材料の主要企業分析(企業情報、売上、市場シェアなど)

【建設業用相変化材料の中国市場レポート(資料コード:HNLPC-49463-CN)】

本調査資料は中国の建設業用相変化材料市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場規模、市場予測、市場シェア、企業情報などを掲載しています。中国における種類別(有機相変化材料、無機相変化材料、バイオ系相変化材料)市場規模と用途別(産業用、商業用、家庭用)市場規模データも含まれています。建設業用相変化材料の中国市場レポートは2024年英語版で、一部カスタマイズも可能です。

・建設業用相変化材料の中国市場概要
・建設業用相変化材料の中国市場動向
・建設業用相変化材料の中国市場規模
・建設業用相変化材料の中国市場予測
・建設業用相変化材料の種類別市場分析
・建設業用相変化材料の用途別市場分析
・建設業用相変化材料の主要企業分析(企業情報、売上、市場シェアなど)

【建設業用相変化材料のインド市場レポート(資料コード:HNLPC-49463-IN)】

本調査資料はインドの建設業用相変化材料市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場規模、市場予測、市場シェア、企業情報などを掲載しています。インドにおける種類別(有機相変化材料、無機相変化材料、バイオ系相変化材料)市場規模と用途別(産業用、商業用、家庭用)市場規模データも含まれています。建設業用相変化材料のインド市場レポートは2024年英語版で、一部カスタマイズも可能です。

・建設業用相変化材料のインド市場概要
・建設業用相変化材料のインド市場動向
・建設業用相変化材料のインド市場規模
・建設業用相変化材料のインド市場予測
・建設業用相変化材料の種類別市場分析
・建設業用相変化材料の用途別市場分析
・建設業用相変化材料の主要企業分析(企業情報、売上、市場シェアなど)

▣ おすすめのレポート ▣

  • イオンビーム研磨機の世界市場
    イオンビーム研磨機の世界市場レポート(Global Ion Beam Polisher Market)では、セグメント別市場規模(種類別:研磨口径500mm以下、研磨口径サイズ500-1000mm、研磨口径1000mm以上;用途別:半導体、精密光学)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、ア …
  • 世界の半導体部品市場
    当資料(Global Semiconductor Parts Market)は世界の半導体部品市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の半導体部品市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:流体管理サブシステム型、真空サブシステム型、統合プロセス診断サブシステム型、光学サブシステム型、電力・反応ガスサブシステム型、熱管理サブシステム型、ウェー …
  • 世界のステンレスシームレスチューブ市場
    当資料(Global Stainless Steel Seamless Tube Market)は世界のステンレスシームレスチューブ市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のステンレスシームレスチューブ市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:冷間引抜き、熱間圧延;用途別:石油・ガス、食品産業、自動車、電力産業、化学産業、建設、水処理、その …
  • ダストバッグリーク探知器の世界市場
    ダストバッグリーク探知器の世界市場レポート(Global Dust Bag Leak Detector Market)では、セグメント別市場規模(種類別:HMDM、HMTM、その他;用途別:製鉄、発電、石油、医薬、建材加工、鉱業、セメント、食品加工、除塵装置、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別 …
  • ODPモーターの世界市場
    ODPモーターの世界市場レポート(Global ODP Motor Market)では、セグメント別市場規模(種類別:ACモーター、DCモーター;用途別:HVAC、冷凍機器、コンプレッサー、ポンプ、工作機械、輸送機、ブレンダー、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ …
  • 世界のエンジンスターター市場
    当資料(Global Engine Starter Market)は世界のエンジンスターター市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のエンジンスターター市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:DCスターター、ACスターター;用途別:船舶、自動車、軍事&国防、航空宇宙、その他)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています …
  • 世界のコラーゲンペプチド粉末市場
    当資料(Global Collagen Peptides Powder Market)は世界のコラーゲンペプチド粉末市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のコラーゲンペプチド粉末市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:植物由来、動物由来;用途別:食品・飲料、医薬品、化粧品、その他)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載し …
  • 世界のコンデンサスイッチングコンタクタ市場
    当資料(Global Capacitor Switching Contactors Market)は世界のコンデンサスイッチングコンタクタ市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のコンデンサスイッチングコンタクタ市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:20Kvar以下、20〜60Kvar、60〜80Kvar;用途別:工業用、商業用、家庭用 …
  • n-アルキルトリクロロシランの世界市場
    n-アルキルトリクロロシランの世界市場レポート(Global n-ALKYL Trichlorosilane Market)では、セグメント別市場規模(種類別:オクタデシルトリクロロシラン、ドデシルトリクロロシラン、メチルトリクロロシラン、プロピルトリクロロシラン、オクチルトリクロロシラン、その他;用途別:研究所、MEMS、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア …
  • 世界の電解コンデンサ巻線機市場
    当資料(Global Electrolytic Capacitor Winding Machines Market)は世界の電解コンデンサ巻線機市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の電解コンデンサ巻線機市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:手動ワインダー、半自動ワインダー、自動ワインダー;用途別:自動車分野、通信分野、軍事分野、その …