石油由来堆肥化可能プラスチックの世界市場2024年

石油由来堆肥化可能プラスチックの世界市場に関する調査報告書(HNLPC-29604)・英文タイトル:Global Petroleum-Based Compostable Plastics Market 2024
・資料コード:HNLPC-29604
・発行年月:2024年05月
・納品形態:英文PDF
・納品方法:Eメール(注文後2日~3日)
・産業分類:化学&材料
・ライセンス種類
1名閲覧ライセンスお問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
企業閲覧ライセンスお問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
※下記に記載されている内容(レポート概要、目次、年度、セグメント分類、企業名など)は最新情報ではない可能性がありますので、最新情報はご購入の前にサンプルでご確認ください。

石油由来堆肥化可能プラスチックの世界市場レポート(Global Petroleum-Based Compostable Plastics Market)では、セグメント別市場規模、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。

最新の調査によると、石油由来堆肥化可能プラスチックの世界市場規模は、2023年のxxx百万ドルから2024年にはxxx百万ドルとなり、2023年から2024年の間にxx%の変化があると推定されています。石油由来堆肥化可能プラスチックの世界市場規模は、今後5年間でxx%の年率で成長すると予測されています。

地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、アジア太平洋、日本、中国、インド、韓国、東南アジア、南米、中東、アフリカなどを対象にして、石油由来堆肥化可能プラスチックの市場規模を算出しました。

石油由来堆肥化可能プラスチック市場は、種類別には、PBS、PBAT、PGA、その他に、用途別には、使い捨て包装、使い捨て食器、農業用フィルム、その他に区分してグローバルと主要地域における2019年~2029年の市場規模を調査・予測しました。

当レポートに含まれる主要企業は、BASF、 Novamont、 Mitsubishi Chemical、…などがあり、各企業の石油由来堆肥化可能プラスチック販売量、売上、価格、市場シェアなどを分析しました。

【目次】

石油由来堆肥化可能プラスチック市場の概要(Global Petroleum-Based Compostable Plastics Market)

主要企業の動向
– BASF社の企業概要・製品概要
– BASF社の販売量・売上・価格・市場シェア
– BASF社の事業動向
– Novamont社の企業概要・製品概要
– Novamont社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Novamont社の事業動向
– Mitsubishi Chemical社の企業概要・製品概要
– Mitsubishi Chemical社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Mitsubishi Chemical社の事業動向


企業別売上及び市場シェア(~2024年)

石油由来堆肥化可能プラスチックの世界市場(2019年~2029年)
– 種類別区分:PBS、PBAT、PGA、その他
– 種類別市場規模(販売量・売上・価格)
– 用途別区分:使い捨て包装、使い捨て食器、農業用フィルム、その他
– 用途別市場規模(販売量・売上・価格)

石油由来堆肥化可能プラスチックの地域別市場分析

石油由来堆肥化可能プラスチックの北米市場(2019年~2029年)
– 石油由来堆肥化可能プラスチックの北米市場:種類別
– 石油由来堆肥化可能プラスチックの北米市場:用途別
– 石油由来堆肥化可能プラスチックのアメリカ市場規模
– 石油由来堆肥化可能プラスチックのカナダ市場規模
– 石油由来堆肥化可能プラスチックのメキシコ市場規模

石油由来堆肥化可能プラスチックのヨーロッパ市場(2019年~2029年)
– 石油由来堆肥化可能プラスチックのヨーロッパ市場:種類別
– 石油由来堆肥化可能プラスチックのヨーロッパ市場:用途別
– 石油由来堆肥化可能プラスチックのドイツ市場規模
– 石油由来堆肥化可能プラスチックのイギリス市場規模
– 石油由来堆肥化可能プラスチックのフランス市場規模

石油由来堆肥化可能プラスチックのアジア市場(2019年~2029年)
– 石油由来堆肥化可能プラスチックのアジア市場:種類別
– 石油由来堆肥化可能プラスチックのアジア市場:用途別
– 石油由来堆肥化可能プラスチックの日本市場規模
– 石油由来堆肥化可能プラスチックの中国市場規模
– 石油由来堆肥化可能プラスチックのインド市場規模
– 石油由来堆肥化可能プラスチックの東南アジア市場規模

石油由来堆肥化可能プラスチックの南米市場(2019年~2029年)
– 石油由来堆肥化可能プラスチックの南米市場:種類別
– 石油由来堆肥化可能プラスチックの南米市場:用途別

石油由来堆肥化可能プラスチックの中東・アフリカ市場(2019年~2029年)
– 石油由来堆肥化可能プラスチックの中東・アフリカ市場:種類別
– 石油由来堆肥化可能プラスチックの中東・アフリカ市場:用途別

石油由来堆肥化可能プラスチックの販売チャネル分析

調査の結論

※弊社では石油由来堆肥化可能プラスチックを対象に特定の地域に絞ったカスタムレポートも販売しています。各地域限定のレポートは世界市場レポートより値段が高いです。本サイトに表示されていますが、販売終了したレポートもあります。

【アジア太平洋の石油由来堆肥化可能プラスチック市場レポート(資料コード:HNLPC-29604-AP)】

本調査資料はアジア太平洋の石油由来堆肥化可能プラスチック市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場規模、市場予測、市場シェア、企業情報などを掲載しています。アジア太平洋地域における種類別(PBS、PBAT、PGA、その他)市場規模と用途別(使い捨て包装、使い捨て食器、農業用フィルム、その他)市場規模、主要国別(日本、中国、韓国、インド、オーストラリア、東南アジアなど)市場規模データも含まれています。石油由来堆肥化可能プラスチックのアジア太平洋市場レポートは2024年英語版で、一部カスタマイズも可能です。

・アジア太平洋の石油由来堆肥化可能プラスチック市場概要
・アジア太平洋の石油由来堆肥化可能プラスチック市場動向
・アジア太平洋の石油由来堆肥化可能プラスチック市場規模
・アジア太平洋の石油由来堆肥化可能プラスチック市場予測
・石油由来堆肥化可能プラスチックの種類別市場分析
・石油由来堆肥化可能プラスチックの用途別市場分析
・主要国別市場規模(日本、中国、韓国、インド、オーストラリア、東南アジアなど)
・石油由来堆肥化可能プラスチックの主要企業分析(企業情報、売上、市場シェアなど)

【東南アジアの石油由来堆肥化可能プラスチック市場レポート(資料コード:HNLPC-29604-SA)】

本調査資料は東南アジアの石油由来堆肥化可能プラスチック市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場規模、市場予測、市場シェア、企業情報などを掲載しています。東南アジア地域における種類別(PBS、PBAT、PGA、その他)市場規模と用途別(使い捨て包装、使い捨て食器、農業用フィルム、その他)市場規模、主要国別(インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイなど)市場規模データも含まれています。石油由来堆肥化可能プラスチックの東南アジア市場レポートは2024年英語版で、一部カスタマイズも可能です。

・東南アジアの石油由来堆肥化可能プラスチック市場概要
・東南アジアの石油由来堆肥化可能プラスチック市場動向
・東南アジアの石油由来堆肥化可能プラスチック市場規模
・東南アジアの石油由来堆肥化可能プラスチック市場予測
・石油由来堆肥化可能プラスチックの種類別市場分析
・石油由来堆肥化可能プラスチックの用途別市場分析
・主要国別市場規模(インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイなど)
・石油由来堆肥化可能プラスチックの主要企業分析(企業情報、売上、市場シェアなど)

【ヨーロッパの石油由来堆肥化可能プラスチック市場レポート(資料コード:HNLPC-29604-EU)】

本調査資料はヨーロッパの石油由来堆肥化可能プラスチック市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場規模、市場予測、市場シェア、企業情報などを掲載しています。ヨーロッパ地域における種類別(PBS、PBAT、PGA、その他)市場規模と用途別(使い捨て包装、使い捨て食器、農業用フィルム、その他)市場規模、主要国別(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど)市場規模データも含まれています。石油由来堆肥化可能プラスチックのヨーロッパ市場レポートは2024年英語版で、一部カスタマイズも可能です。

・ヨーロッパの石油由来堆肥化可能プラスチック市場概要
・ヨーロッパの石油由来堆肥化可能プラスチック市場動向
・ヨーロッパの石油由来堆肥化可能プラスチック市場規模
・ヨーロッパの石油由来堆肥化可能プラスチック市場予測
・石油由来堆肥化可能プラスチックの種類別市場分析
・石油由来堆肥化可能プラスチックの用途別市場分析
・主要国別市場規模:ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど
・石油由来堆肥化可能プラスチックの主要企業分析(企業情報、売上、市場シェアなど)

【アメリカの石油由来堆肥化可能プラスチック市場レポート(資料コード:HNLPC-29604-US)】

本調査資料はアメリカの石油由来堆肥化可能プラスチック市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場規模、市場予測、市場シェア、企業情報などを掲載しています。アメリカにおける種類別(PBS、PBAT、PGA、その他)市場規模と用途別(使い捨て包装、使い捨て食器、農業用フィルム、その他)市場規模データも含まれています。石油由来堆肥化可能プラスチックのアメリカ市場レポートは2024年英語版で、一部カスタマイズも可能です。

・アメリカの石油由来堆肥化可能プラスチック市場概要
・アメリカの石油由来堆肥化可能プラスチック市場動向
・アメリカの石油由来堆肥化可能プラスチック市場規模
・アメリカの石油由来堆肥化可能プラスチック市場予測
・石油由来堆肥化可能プラスチックの種類別市場分析
・石油由来堆肥化可能プラスチックの用途別市場分析
・石油由来堆肥化可能プラスチックの主要企業分析(企業情報、売上、市場シェアなど)

【中国の石油由来堆肥化可能プラスチック市場レポート(資料コード:HNLPC-29604-CN)】

本調査資料は中国の石油由来堆肥化可能プラスチック市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場規模、市場予測、市場シェア、企業情報などを掲載しています。中国における種類別(PBS、PBAT、PGA、その他)市場規模と用途別(使い捨て包装、使い捨て食器、農業用フィルム、その他)市場規模データも含まれています。石油由来堆肥化可能プラスチックの中国市場レポートは2024年英語版で、一部カスタマイズも可能です。

・中国の石油由来堆肥化可能プラスチック市場概要
・中国の石油由来堆肥化可能プラスチック市場動向
・中国の石油由来堆肥化可能プラスチック市場規模
・中国の石油由来堆肥化可能プラスチック市場予測
・石油由来堆肥化可能プラスチックの種類別市場分析
・石油由来堆肥化可能プラスチックの用途別市場分析
・石油由来堆肥化可能プラスチックの主要企業分析(企業情報、売上、市場シェアなど)

【インドの石油由来堆肥化可能プラスチック市場レポート(資料コード:HNLPC-29604-IN)】

本調査資料はインドの石油由来堆肥化可能プラスチック市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場規模、市場予測、市場シェア、企業情報などを掲載しています。インドにおける種類別(PBS、PBAT、PGA、その他)市場規模と用途別(使い捨て包装、使い捨て食器、農業用フィルム、その他)市場規模データも含まれています。石油由来堆肥化可能プラスチックのインド市場レポートは2024年英語版で、一部カスタマイズも可能です。

・インドの石油由来堆肥化可能プラスチック市場概要
・インドの石油由来堆肥化可能プラスチック市場動向
・インドの石油由来堆肥化可能プラスチック市場規模
・インドの石油由来堆肥化可能プラスチック市場予測
・石油由来堆肥化可能プラスチックの種類別市場分析
・石油由来堆肥化可能プラスチックの用途別市場分析
・石油由来堆肥化可能プラスチックの主要企業分析(企業情報、売上、市場シェアなど)

▣ おすすめのレポート ▣

  • セメント静的ゲル強度測定装置の世界市場
    セメント静的ゲル強度測定装置の世界市場レポート(Global Cement Static Gel Strength Measurement Device Market)では、セグメント別市場規模(種類別:最高使用温度: 400°F、最高使用温度: 600°F;用途別:産業、建設、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行 …
  • 世界の移動式CO2アナライザー市場
    当資料(Global Portable CO2 Analyzer Market)は世界の移動式CO2アナライザー市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の移動式CO2アナライザー市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:ハンドヘルド式、リフト式;用途別:農業、水処理、その他)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。 …
  • 世界のPVC電気絶縁マット市場
    当資料(Global PVC Electrical Insulation Mats Market)は世界のPVC電気絶縁マット市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のPVC電気絶縁マット市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:低圧、中圧、高圧;用途別:工業、官公庁、その他)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています …
  • セミフレックスPCBの世界市場
    セミフレックスPCBの世界市場レポート(Global Semi-flex PCBs Market)では、セグメント別市場規模(種類別:片面セミフレックスPCB、両面セミフレックスPCB、セミフレックス多層PCB;用途別:自動車、工業、通信産業、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、 …
  • 世界の注射用フェルラ酸ナトリウム市場
    当資料(Global Sodium Ferulate for Injection Market)は世界の注射用フェルラ酸ナトリウム市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の注射用フェルラ酸ナトリウム市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:1mg/バイアル、5mg/バイアル、10mg/バイアル、その他;用途別:病院、クリニック)、主要地域別 …
  • コンドラス クリスパス及びアイリッシュ モス エキスの世界市場
    コンドラス クリスパス及びアイリッシュ モス エキスの世界市場レポート(Global Chondrus Crispus and Irish Moss Extract Market)では、セグメント別市場規模(種類別:カッパカラギーナン、イオタカラギーナン、ラムダカラギーナン;用途別:食品産業、日用化学産業、製薬産業、生化学)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チ …
  • 世界の防曇コーティング剤&フィルム市場
    当資料(Global Anti-Fog Coatings and Films Market)は世界の防曇コーティング剤&フィルム市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の防曇コーティング剤&フィルム市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:FGC、DFC;用途別:自動車ランプシェード、太陽電池モジュール、ゴーグル、ディスプレイスクリーン、光 …
  • ソーラーLED街路照明の世界市場
    ソーラーLED街路照明の世界市場レポート(Global Solar LED Street Lighting Market)では、セグメント別市場規模(種類別:多結晶、単結晶;用途別:産業、商業、住宅)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギ …
  • O/W型分析装置の世界市場
    O/W型分析装置の世界市場レポート(Global Oil-in-Water Analyzers Market)では、セグメント別市場規模(種類別:超音波、紫外線蛍光灯、その他;用途別:環境産業、食品・飲料、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ …
  • 世界のTPUハイドロゲルスクリーンプロテクター市場
    当資料(Global TPU Hydrogel Screen Protectors Market)は世界のTPUハイドロゲルスクリーンプロテクター市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のTPUハイドロゲルスクリーンプロテクター市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:5.5インチ以下、5.5~7インチ、7インチ以上;用途別:携帯電話、タブ …