ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の世界市場2024年

ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の世界市場に関する調査報告書(HNLPC-29837)・英文タイトル:Global Gas Insulated Metal-Enclosed Switchgear (GIS) Market 2024
・資料コード:HNLPC-29837
・発行年月:2024年03月
・納品形態:英文PDF
・納品方法:Eメール(注文後2日~3日)
・産業分類:エネルギー&電力
・ライセンス種類
1名閲覧ライセンスお問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
企業閲覧ライセンスお問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
※下記に記載されている内容(レポート概要、目次、年度、セグメント分類、企業名など)は最新情報ではない可能性がありますので、最新情報はご購入の前にサンプルでご確認ください。

ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の世界市場レポート(Global Gas Insulated Metal-Enclosed Switchgear (GIS) Market)では、セグメント別市場規模、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。

最新の調査によると、ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の世界市場規模は、2023年のxxx百万ドルから2024年にはxxx百万ドルとなり、2023年から2024年の間にxx%の変化があると推定されています。ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の世界市場規模は、今後5年間でxx%の年率で成長すると予測されています。

地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、アジア太平洋、日本、中国、インド、韓国、東南アジア、南米、中東、アフリカなどを対象にして、ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の市場規模を算出しました。

ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場は、種類別には、100kV以下、101-550kV、551-800kV、801-1100kV、1100kV以上に、用途別には、発電所、変電所、石油化学、鉱業&冶金、その他に区分してグローバルと主要地域における2019年~2029年の市場規模を調査・予測しました。

当レポートに含まれる主要企業は、ABB、 Siemens、 Hitachi、…などがあり、各企業のガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)販売量、売上、価格、市場シェアなどを分析しました。

【目次】

ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場の概要(Global Gas Insulated Metal-Enclosed Switchgear (GIS) Market)

主要企業の動向
– ABB社の企業概要・製品概要
– ABB社の販売量・売上・価格・市場シェア
– ABB社の事業動向
– Siemens社の企業概要・製品概要
– Siemens社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Siemens社の事業動向
– Hitachi社の企業概要・製品概要
– Hitachi社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Hitachi社の事業動向


企業別売上及び市場シェア(~2024年)

ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の世界市場(2019年~2029年)
– 種類別区分:100kV以下、101-550kV、551-800kV、801-1100kV、1100kV以上
– 種類別市場規模(販売量・売上・価格)
– 用途別区分:発電所、変電所、石油化学、鉱業&冶金、その他
– 用途別市場規模(販売量・売上・価格)

ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の地域別市場分析

ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の北米市場(2019年~2029年)
– ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の北米市場:種類別
– ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の北米市場:用途別
– ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)のアメリカ市場規模
– ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)のカナダ市場規模
– ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)のメキシコ市場規模

ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)のヨーロッパ市場(2019年~2029年)
– ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)のヨーロッパ市場:種類別
– ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)のヨーロッパ市場:用途別
– ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)のドイツ市場規模
– ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)のイギリス市場規模
– ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)のフランス市場規模

ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)のアジア市場(2019年~2029年)
– ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)のアジア市場:種類別
– ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)のアジア市場:用途別
– ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の日本市場規模
– ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の中国市場規模
– ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)のインド市場規模
– ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の東南アジア市場規模

ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の南米市場(2019年~2029年)
– ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の南米市場:種類別
– ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の南米市場:用途別

ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の中東・アフリカ市場(2019年~2029年)
– ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の中東・アフリカ市場:種類別
– ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の中東・アフリカ市場:用途別

ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の販売チャネル分析

調査の結論

※弊社ではガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)を対象に特定の地域に絞ったカスタムレポートも販売しています。各地域限定のレポートは世界市場レポートより値段が高いです。本サイトに表示されていますが、販売終了したレポートもあります。

【アジア太平洋のガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場レポート(資料コード:HNLPC-29837-AP)】

本調査資料はアジア太平洋のガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場規模、市場予測、市場シェア、企業情報などを掲載しています。アジア太平洋地域における種類別(100kV以下、101-550kV、551-800kV、801-1100kV、1100kV以上)市場規模と用途別(発電所、変電所、石油化学、鉱業&冶金、その他)市場規模、主要国別(日本、中国、韓国、インド、オーストラリア、東南アジアなど)市場規模データも含まれています。ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)のアジア太平洋市場レポートは2024年英語版で、一部カスタマイズも可能です。

・アジア太平洋のガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場概要
・アジア太平洋のガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場動向
・アジア太平洋のガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場規模
・アジア太平洋のガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場予測
・ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の種類別市場分析
・ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の用途別市場分析
・主要国別市場規模(日本、中国、韓国、インド、オーストラリア、東南アジアなど)
・ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の主要企業分析(企業情報、売上、市場シェアなど)

【東南アジアのガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場レポート(資料コード:HNLPC-29837-SA)】

本調査資料は東南アジアのガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場規模、市場予測、市場シェア、企業情報などを掲載しています。東南アジア地域における種類別(100kV以下、101-550kV、551-800kV、801-1100kV、1100kV以上)市場規模と用途別(発電所、変電所、石油化学、鉱業&冶金、その他)市場規模、主要国別(インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイなど)市場規模データも含まれています。ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の東南アジア市場レポートは2024年英語版で、一部カスタマイズも可能です。

・東南アジアのガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場概要
・東南アジアのガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場動向
・東南アジアのガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場規模
・東南アジアのガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場予測
・ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の種類別市場分析
・ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の用途別市場分析
・主要国別市場規模(インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイなど)
・ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の主要企業分析(企業情報、売上、市場シェアなど)

【ヨーロッパのガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場レポート(資料コード:HNLPC-29837-EU)】

本調査資料はヨーロッパのガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場規模、市場予測、市場シェア、企業情報などを掲載しています。ヨーロッパ地域における種類別(100kV以下、101-550kV、551-800kV、801-1100kV、1100kV以上)市場規模と用途別(発電所、変電所、石油化学、鉱業&冶金、その他)市場規模、主要国別(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど)市場規模データも含まれています。ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)のヨーロッパ市場レポートは2024年英語版で、一部カスタマイズも可能です。

・ヨーロッパのガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場概要
・ヨーロッパのガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場動向
・ヨーロッパのガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場規模
・ヨーロッパのガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場予測
・ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の種類別市場分析
・ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の用途別市場分析
・主要国別市場規模:ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど
・ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の主要企業分析(企業情報、売上、市場シェアなど)

【アメリカのガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場レポート(資料コード:HNLPC-29837-US)】

本調査資料はアメリカのガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場規模、市場予測、市場シェア、企業情報などを掲載しています。アメリカにおける種類別(100kV以下、101-550kV、551-800kV、801-1100kV、1100kV以上)市場規模と用途別(発電所、変電所、石油化学、鉱業&冶金、その他)市場規模データも含まれています。ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)のアメリカ市場レポートは2024年英語版で、一部カスタマイズも可能です。

・アメリカのガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場概要
・アメリカのガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場動向
・アメリカのガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場規模
・アメリカのガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場予測
・ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の種類別市場分析
・ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の用途別市場分析
・ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の主要企業分析(企業情報、売上、市場シェアなど)

【中国のガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場レポート(資料コード:HNLPC-29837-CN)】

本調査資料は中国のガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場規模、市場予測、市場シェア、企業情報などを掲載しています。中国における種類別(100kV以下、101-550kV、551-800kV、801-1100kV、1100kV以上)市場規模と用途別(発電所、変電所、石油化学、鉱業&冶金、その他)市場規模データも含まれています。ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の中国市場レポートは2024年英語版で、一部カスタマイズも可能です。

・中国のガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場概要
・中国のガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場動向
・中国のガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場規模
・中国のガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場予測
・ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の種類別市場分析
・ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の用途別市場分析
・ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の主要企業分析(企業情報、売上、市場シェアなど)

【インドのガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場レポート(資料コード:HNLPC-29837-IN)】

本調査資料はインドのガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場規模、市場予測、市場シェア、企業情報などを掲載しています。インドにおける種類別(100kV以下、101-550kV、551-800kV、801-1100kV、1100kV以上)市場規模と用途別(発電所、変電所、石油化学、鉱業&冶金、その他)市場規模データも含まれています。ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)のインド市場レポートは2024年英語版で、一部カスタマイズも可能です。

・インドのガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場概要
・インドのガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場動向
・インドのガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場規模
・インドのガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)市場予測
・ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の種類別市場分析
・ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の用途別市場分析
・ガス絶縁金属密閉開閉装置(GIS)の主要企業分析(企業情報、売上、市場シェアなど)

▣ おすすめのレポート ▣

  • ケーブル障害特定装置の世界市場
    ケーブル障害特定装置の世界市場レポート(Global Cable Fault Pinpointing Market)では、セグメント別市場規模(種類別:光ファイバーケーブル、同軸ケーブル、USBケーブル;用途別:家電、機械、航空宇宙、通信、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメ …
  • 世界のストームプルーフマッチ市場
    当資料(Global Stormproof Match Market)は世界のストームプルーフマッチ市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のストームプルーフマッチ市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:木材マッチ、蝋マッチ;用途別:キャンプサバイバル、レジデント(家庭用バッグゲット)、地質調査、軍用、その他)、主要地域別市場規模、流通チ …
  • アナログマスフローコントローラーの世界市場
    アナログマスフローコントローラーの世界市場レポート(Global Analog Mass Flow Controller Market)では、セグメント別市場規模(種類別:熱圧式、差圧式;用途別:半導体製造、FPD産業、真空コーティング産業、一般産業、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では …
  • 半導体サーマル式マスフローコントローラの世界市場
    半導体サーマル式マスフローコントローラの世界市場レポート(Global Semiconductor Thermal Type Mass Flow Controller Market)では、セグメント別市場規模(種類別:デジタルMFC、アナログMFC;用途別:半導体プロセス炉、PVD&CVD装置、エッチング装置、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネル …
  • 世界の生分解性葬儀製品市場
    当資料(Global Biodegradable Funeral Products Market)は世界の生分解性葬儀製品市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の生分解性葬儀製品市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:シュラウド、壷、棺、その他;用途別:大人、子供)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。当資料 …
  • 世界の食品&飲料用セルラーゼ市場
    当資料(Global Cellulase for Food and Beverage Market)は世界の食品&飲料用セルラーゼ市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の食品&飲料用セルラーゼ市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:エンドグルカナーゼ、セロビオハイドラーゼ、エキソグルコヒドロラーゼ、β-グルコシダーゼ;用途別:食品、飲料 …
  • 世界の有機溶剤スプレードライヤー市場
    当資料(Global Organic Solvent Spray Dryers Market)は世界の有機溶剤スプレードライヤー市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の有機溶剤スプレードライヤー市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:1000ml/h以上、1000ml/h以下;用途別:医薬品、食品/飲料、科学研究、その他)、主要地域別市 …
  • 世界のリニア無菌充填機市場
    当資料(Global Linear Aseptic Filling Machine Market)は世界のリニア無菌充填機市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のリニア無菌充填機市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:全自動リニア無菌充填機、半自動リニア無菌充填機;用途別:医薬品、食品・飲料、その他)、主要地域別市場規模、流通チャネル分 …
  • 世界のスプレーコート市場
    当資料(Global Spraying Coat Market)は世界のスプレーコート市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のスプレーコート市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:エアー塗装、ノーエアースプレー塗装;用途別:自動車、家具、その他)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。当資料に含まれる主要企業は …
  • 標準装備PCLTタイヤの世界市場
    標準装備PCLTタイヤの世界市場レポート(Global Original Equipment PCLT Tire Market)では、セグメント別市場規模(種類別:オールシーズンタイヤ、夏用タイヤ、冬用タイヤ;用途別:乗用車両、小型トラック)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、 …